Sarrià-Sant Gervasi

単なる偶然ですが・・・。

a0059032_1750159.jpg



なんだか、引っ越してからサンセバスティアンまで仕事でいったり
バタバタして、ふっと気がついたら10月に突入してました。

とりあえず、新居の周りの様子を、ちょっとだけ紹介!

この向かい側の道を入っていったある場所に、新居(集合住宅)があります。


サンジェルバシ地区とよばれる山の手に位置しているわりに、
うちの通りは、なかなか庶民的なんですが、
引っ越しの途中、色々必要なものを買いに行ったとき、
その通りと大通りの角の、キオスクと書店を
あわせたような小さな店のショーウインドーにふと目をむけると・・・。






なんと!!5年前ぐらいに発行して、すっかり自分たちも
忘れていたデザイン書籍のスペイン語版がディスプレーされていました。


他の店でも売ってると思うけれど、
その単なる偶然が嬉しくなり(幸先がよいのでは?というかんじで)
思わず写真を撮ってしまいました。



a0059032_17501112.jpg


半ズボンで写真をとってる西洋人がNasple

引っ越し作業中は、世界水泳のころよりマシでしたが、
まだまだ残暑が厳しかったです。


a0059032_17505370.jpg



もっと近寄るとこんなかんじ。

なんというか、
ハッキリいって書籍のチョイスは雑多な組み合わせで
大人の本がものすごい限られているので、よけいに不思議でした。
バルセロナ、カタルーニャ、ポルシェの本、フェラン・アドリアの
料理本と私たちの編集した本の間には、まったくといっていいほど
脈略がないです(笑)



もっと近寄るとこんなかんじ。



a0059032_1751644.jpg


右はじのMinimalist Chicというタイトルの本で、表紙は、
大田区の設計事務所「ミリグラムスタジオ」がてがけた鎌倉の住宅。


で、ミニマルとかいってるわりに、メージを開くと

「もうミニマルは70年代に終わった!(ダダーン)」

という、伊東豊雄さんの序文が掲載されている、
けっこうクセのある本です。



このへんは、建築家人口も多くて、センスの良い(ガーデンデザインもする)
お花屋さん、テニス倶楽部なんかも徒歩5分内。


意外と物価も安い(観光客を相手にしてないからか??)のも助かる。


ちょっと急な坂をがんばってのぼれば、
科学博物館「ラカイシャフォーラム」とプラネタリウムに行けるので、
なんだか盛りだくさん。

引っ越す前は、空気がよくて、静かならとりあえずOKと思っていたら、
思っていた以上に便利で、面白い友人たちも周りに住んでいるので、
適度に刺激的かもしれない。


近所の人たちも音楽のセンスがいいというか、
自分たちと似ているのもありがたいです。

難点は、山に近くうっそうとした森みたいなところも多いので、
蚊が多いこと。まあ、東京と同じぐらいですが、体温が高い人は
たくさん刺され、すぐにこちらのベープマットのようなものを購入しました。

まあ、暑いうちだけだから、と薬局の人もいってましたが。

私は、空気がいいだけで非常に満足です!
[PR]
トラックバックURL : http://barcino.exblog.jp/tb/18716495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-10-05 19:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nas-asa at 2013-10-07 15:55
★鍵コメさま 初書き込み、どうもありがとう!でも、このお店の人たち(店員さん)はクールで、別に他の店でも売ってるよ・・・といってましたが(笑)とはいえ、もう5年もたってる本だったのでビックリでした。しかも、5000円ぐらいするし、伊東さんの序文付きという文字が大きかったのかも(?)しれません。
by nas-asa | 2013-10-02 18:10 | 生活 | Trackback | Comments(2)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa