KAMAKURA

2015年もあとわずか。

a0059032_13595917.jpg



気がついたら、師走です。
でも、パリの悲惨なテロの他、本当に世界中で
色々なことがあったり、まだまだ進行中で、
実は激動な1年でしたが。


そんななか、おかげさまで平和な東京生活の私たちは、
ほとんど大田区を拠点に地味〜〜に生息。
近場で気分転換ということで、たまに鎌倉に通っています。


上は、12月10日の長谷の大仏殿。

赤と黄色の紅葉が鮮やかでした!

クラブワールドカップ(元トヨタカップ)が、始まったばかりで、
メキシコ人のサポーターか関係者風の人たちがけっこう来てました。
日本初心者の外国人観光客にとって、大仏はわかりやすいようで、
みんなとっても嬉しそう。こちらまで楽しくなりました。







鎌倉へ行く前日、六本木の国立新美術館での
「ニキ・ド・サンファル展」にいって、
ミラーボールみたいな一つ目の大仏作品を見たばっかりだったので、
いわゆる大仏続きの2日間!?
今年は、上野で「インドの仏像展」にも行ったり、
多彩な仏像に触れるご縁ができてきたのか??


a0059032_1482835.jpg



なんて、12月に入って鎌倉にいったのは、大仏が目当てじゃなく、
「鎌倉市川喜田映画記念館」で開催されていた、
「小津安二郎監督と俳優、笠智衆」の展覧会が目的でした。

a0059032_14362616.jpg



40代で引退し、つい先日、95才で亡くなった原節子さん。
彼女も長いこと、鎌倉で生活されていたようですね。

スクリーンの中の彼女は、永遠に美しく、
単に美人というだけじゃなく、
スペシャルなオーラが漂っています。


鎌倉には、できるものなら住んでみたいし、
それが無理なら、
せめて月に一度ぐらい行きたいです。

都心までの交通費がね〜〜。
毎日、東京に通ってる知り合いも多いですが。


川喜田記念館の里山のような風情のお庭。
ここに世界中の映画人たちが来たり、ヴェンダース監督の
「東京画」で、笠智衆さんのインタビューシーンが
撮影されたり。

a0059032_14563164.jpg




鎌倉については、また改めて♪


a0059032_1457547.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://barcino.exblog.jp/tb/21933753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2015-12-16 14:46 | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa