Asian Protocols

フランス語から英語、スペイン語など。

a0059032_1343162.jpg



2016年3月に、
秋葉原の3331アーツ千代田で開催された
ムンタダス「Asian Procols展」
のカタログが届きました。





展覧会の概要はこちら


私たちも、
フランス語から英語、スペイン語、その後、日本語への
翻訳等で、協力させていただきました。


ムンタダスは、長年「 On Translation」というプロジェクトを
世界各地で継続していて、今回の日本、韓国、中国を比較する
取り組みも、その大きなジグソーパズルの中の一部。

マルチリンガルな方ですが、アジアの言語はまったくわからないので、
どうしてもステレオタイプな見方が中心になります。
ご本人いわく、
「ステレオタイプなものの中にも真実はある」
そうですが、やはり、言語の壁って大きいような。

私も、欧州で
いろいろな現地の人たちに東洋へのまなざしを
観察してきてきましたが、世代の違いも大きいですね。

ポケモンやドラクエ、ドラゴンボールなどが
身近な世代(40代以下)は、
自然ともっと柔軟な視点をもてるけれど、
60代以上の欧州の文化人は、やっぱりどこか上から目線。

異文化交流について、
あらためて考えさせられるプロジェクトでした。

とはいえ、ムンタダスは、
今でも世界各地で多くの人たちをまきこみ、
自分のプロジェクトをかたちにしていくパワーがあるのは、すごい。
その行動力とフットワークの良さは、見習いたいと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://barcino.exblog.jp/tb/23006082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2016-07-18 13:10 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa