チョコレートショップ/カカオ・サンパカ


甘いものつながり。
a0059032_0182979.jpg


日本のバレンタインデーといえば、チョコレートですね。
でも、これはどうも日本が広めた(もっといえば、日本のお菓子業界が)習慣みたいで、こちらでは、やっと最近、ロマンチックなディナーとか、プレゼント交換という流行を誰かが、(メディアで)流行せてるみたいです。バルセロナとカタルニヤ地方では、4月にサンジョルディという、古いお祭りがあり、昔から男性が女性にバラの花を、女性は男性に本を贈るという習慣があるので、バレンタインは、あんまり注目されてなかったような。
というわけで、この前、旧市街に支店ができたカカオ・サンパカというチョコレートショップの前を通ったら、日本みたいに「バレンタインにチョコを!」というディスプレーだったので、懐かしくなり、思わず撮影してしまいました。
1年ほど前にオリオール・バラゲというバルセロナのパティシェが、白金台に支店をだしましたが、カカオ・サンパカもとても美味しい商品がいっぱい。カフェがついてる新市街のお店によく週末の遅い朝、コーヒーとトースト等を食べにいきます。トップライト(天窓)から自然光がいって、なかなかリラックス。観光客も多いけれど、店の雰囲気がどことなく、東京の雑貨ショップのカフェみたいなかんじなのも私にとってはイイのかも。ついでに商品を見たり。
チョコレートだけでなく、ちょっとしたおつまみ、ワインやカバ、ヨーグルトシェークなども美味しいです。
[PR]
トラックバックURL : http://barcino.exblog.jp/tb/3198713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 宇佐きよ美 at 2006-02-16 00:17 x
カカオ・サンパカ、懐かしい~ 利きチョコドリンクは至福の時でした。 日本はチョコブームなので一時よりは下火になっていたバレンタインがまた復活してました。 ただ一粒300円以上もするチョコにはそれだけの価値を見出せず買う気になれません。 一粒がサッカーボール位あれば話は別ですが。
2/11に表参道ヒルズがオープンしました。 六本木ヒルズで懲りているのでもちろんまだ行ってません。 2/4に表参道駅でボランティア活動だったのですが外国人観光客サポートのはずが殆ど日本人への道案内でした。 表参道ヒルズへの行き方を聞かれ「まだオープンしてませんよ。」と答えると「ええ~っ。」とガッカリした様子でオープン当日の混雑ぶりが想像できました。 2/11のボランティア活動報告によりますと民族大移動的人出だったそうです。 2/18は私の活動日ですが人波に押し流されないよう気をつけます。
全然メダルが取れないトリノ・オリンピック日本選手団。 私はオフィシャル・グッズを商品より高い送料をかけてトリノから取り寄せ見せびらかしてます。
じゃ、新情報楽しみにしてます。
Commented by nas-asa at 2006-02-17 23:30
★ウサさま
1粒サッカーボールぐらいのチョコってすごいですね。それでも、中ががらんどうの板チョコだったら小さくて美味しいほうがいいかも!?
こちらでは、全然トリノは盛り上がってません。またね。
by nas-asa | 2006-02-15 00:29 | | Trackback | Comments(2)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa