Biblioteca Fort Pienc 2


コスモポリタンな公立図書館


a0059032_20232018.jpg


前回のつづきです。

この図書館に通うようになったきっかけは、
たまたま同じブロックにある市場で買い物しようとして通りかかり、
ふとガラスの向こうに見える図書館のCDコーナーに
目がいったからです。

東京でいえば、大田区立池上図書館といったような
ローカルな図書館なのに、あれ?!




ワールドミュージックやジャズ、ソウル、映画のサウンドトラックも
たくさん揃っている。

私は大昔、港区の某外国人向け図書室に勤めていたことがあり、
図書館にはわりとウルサイほうかもしれません。
(雰囲気やレイアウト、本棚や家具など)

で、Piencの小さなパンフレットを見てみると、

特徴として、

>あらゆる世代に適した本や資料
>現代建築とデザインの雑誌および書籍
>最先端の小説
>国内、海外の新聞各紙

>多彩なジャンルの音楽CD
特にPOP(J-Popはもちろんありませんが)、
エレクトニカとオルタナティブ

>インディペンダント系映画作品のDVD
および、クラッシック、つまり、
無声映画からBBCのドラマシリーズ、
欧州、ハリウッドの名作など。

>インターネット端末(無料)19台
3階建ての2階より上は、どこでもWIFI接続

その他、児童書のコーナーも広いです。

なかなか魅力的。
こじんまりしてるのに、やるなあ!というかんじ。
これで日本語の書籍があれば完璧・・・
(これは外国だから無理です。が、
バルセロナには私立の日本語図書室がありますね)

バルセロナの公立図書館には、インターネットでチェックし、
自宅まで本やDVDを無料でデリバリーしてくれるサービスもあります。
(主に病気の方たちやお年寄りが対象かも)


このへんは、特に外国人(でも労働者クラス)が多い地域なので、
インド人、中国人、パキスタン人、などと地元のスペイン人、
カタルーニャ人が、お互いの理解を深められるように、
DVDコーナーの一番目立つところには、
スペインの名作映画シリーズと、
アジアの名作シリーズが半々に並んでいます。
アニメはまた別にあり。

アジアコーナーには、黒沢、溝口、小津の名作や
インドのサタジット・レイといった古いものから、
ウォン・カーウェイ、キム・ギドクなど、
最近の監督作品まで。

それほど大量にあるわけじゃないのに、鋭いチョイス。

欧米コーナーも渋い選択で、ルネ・クレールの「パリの屋根の下」
(1930年代のマスターピース)から、アメリカの無声映画、
カウリスマキもありました。
最新作が中心になる商業的なレンタルビデオショップと、
意図的に違うものを集めてるわけですね。

雑誌は、スペインの主なものはもちろん、
英語の新聞や、エコノミストなどの経済誌、
イタリア・ヴォーグや、Flash Art、イギリスの音楽誌、
フランスのファッション誌、(マリークレール・メゾンのような
インテリア誌も)など。


a0059032_20242260.jpg



2階にあがるとまず建築コーナーがあり、世界の面白い建築記事を
ピックアップしたコピーが壁に貼られていたり、
現代建築ジャンルの蔵書ラベルには、この図書館の外観写真がつかわれ、

「あなたが今いる場所も現代建築の優れたプロジェクトですよ」

という意味かどうかはわかりませんが、いい空間で嬉しいという
スタッフの気持ちが伝わってきて微笑ましい。

建築デザインの蔵書がもっとたくさん揃っている、
アカデミックな図書館や、または建築家協会COACの図書館に比べたら
ほんとに微々たる数なんですが、ローカル図書館としては
非常に充実してます。コンビニに行くような気安さで、
いろいんな本がゆっくり閲覧できるような。

この奥には、美術や映画のコーナもあり、若い人たちが
たくさん勉強していました。

Wallpaperやら、El Croquisなど有名どころの
建築誌、デザイン誌がバックナンバーまであり、
まとめてじっくり斜め読み。
書店で立ち読みじゃ、こうはいかないですよね。



で、デザイン本のコーナーに、私たちが編集した

「Japanese Design/daab」を発見!



書店で見かけるのとはまた違った意味で
嬉しかったです。


a0059032_20221923.jpg


映画のDVD4本とCD4枚(Naspleは歴史本)を借りて、
となりの市場の中で、ビールを飲んだり軽く食べたり。
安上がりで楽しい土曜日の午前中です。




Biblioteca Fort Pienc

Carre de Ribas 12,
08012 Barcelona
www.bcn.cat/bibfortpienc






人気ブログランキングへ(クリック!)
Gracias★ 
[PR]
トラックバックURL : http://barcino.exblog.jp/tb/6923653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2008-03-21 21:14 | 生活 | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa