Tibidabo

2013年5月23日。

a0059032_16323272.jpg



ふと気がついたら東京から戻っていて、
私たちの帰国より数日遅れでバルセロナに到着した
東京の友人たちと、バルセロナ市内と近郊を観光しました。

それまでのバルセロナは、ず〜っと雨続きだったそうですが、
この週はものすごい快晴の日の連続で、なにかとラッキーでした。

バルセロナの高台、ティボダボ教会の展望台に登ったら、
ピレネー山脈と地中海がクッキリ!

ピレネーの上には、まだたっぷり雪が残っていました。



展望台からフォスターのテレビ塔方向下の駐車場(遊園地の敷地)に、
うちのボロ車がちょこっと停まっているのがみえました。


そのあと、この日はモンセラット修道院にいって、
海岸リゾート、シッチェスで夕食・・・という1日。


この友人2人(Y子とおSちゃん)は、なんと、
小学生時代からのおつきあい。
*十年も仲良くしてくれて、本当にありがたいです。


彼女達と話していると、ものすごい昔の思い出が急激に蘇えるのはもちろん、
お互いの若いころをよく知っているって、貴重なんだなあ〜と思います。
こんなことは、中年以降にならないとわからないけれど、
そういう友人たちがいることに感謝です。

まあ、彼女たちの場合、若いどころか、ほんとにハナタレな子供のころから
知ってるわけなので・・・。


a0059032_16462268.jpg



上は、モンセラット修道院。

気候のいい時期なので、地元の小学校の遠足かな?という団体が
たくさんきていました。ケーブルカーのなかも賑やかだった。

でも、彼らは教会の内部より、どこかハイキングコースのようなところに
集中していたようです。楽しそうだったなあ・・・。


私たちも子供のころの遠足や、運動会のことを思い出しました。
トラックバックURL : https://barcino.exblog.jp/tb/17853685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2013-05-27 16:48 | 生活 | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa