Via Catalana

a0059032_162818.jpg



もう1ヶ月近く前のことですが、
2013年9月11日は、また特別な1日になりました。

昨年の150万人の人たちがバルセロナを埋め尽くす
デモというよりパレードもすごかったけれど、
今年は、カタルーニャ独立への道
「VIA CATALANA」
があり、これはこれで歴史的瞬間でした。



上の写真は、その「もう1つの9.11」とよばれるDiada
(カタルーニャ民族の日)に、
カタルーニャ旗がかかげられたカサミラ。

アメリカ人観光客の女の子たちも
(そのへんのお店で独立推進旗を購入したらしい)
「きれいだね」といって、眺めていました。







VIA CATALANAの詳細はこちら





これは、北はフランス国境、南はバレンシア州との境まで(純粋な
カタルーニャ州のエリア)人々が手をつないで人間の鎖をつくるというもので、
地元メディアの協力のもと、3万人のボランティア、事前にネットで場所を決めて
参加を申し込んだ人たちが50万人、当日、とび入りで参加した人たちが
結局さらに100万人という規模でした。


この運動は、旧ソ連からエストニアなどが独立したときにも実施されたようで、
その道のプロも世界各地からアドバイザーとして招聘して、混乱がないように
ものすごくきちんと計画されていました。(高速道路や幹線道路なども封鎖されたので)

a0059032_16301419.jpg




私たちは、引っ越しで疲れていたので、
前日までは、「家でテレビで応援するだけにしようか?」
となさけないことをいっていましたが、ギリギリになって
「そうだ、カンプノウへいこう!」と思い立ち、
午後からいそいでいってみました。


カタルーニャ軍が1714年にブルボン軍(フランス、スペイン)に敗退して
それ以来ず〜っと独立の機会をうかがっていることにちなんで、
17:14に鎖をつくる(ようするに、全員が手をつなぐ)という段取りだったので、
1時間ぐらい前にカンプノウに行ってみると・・・


スタジアムの内部はもういっぱいでしたが、外側はまだまだ人出が必要で、
ちょうどいいかんじで輪に入りました。

イニェスタやシャビなどのポスターがあって、子供たちもたくさん。
乳母車やペット連れの老若男女多数。まっている間は、
子供たちはスケボーにのったり、サッカーしたり・・・と、
とてもいい雰囲気。


a0059032_16303474.jpg



手をつないでからぐ〜っと大きく位置を変えたりして、日本人的には
「はないちもんめ」を思い出してしまいましたが(?)みんな嬉しそう。



a0059032_16304680.jpg


上は、歴史的なカタルーニャ旗がかかげられたお役所の建物。



日本では、ちょっとしか報道されませんでしたが、
CNN, BBC, The Guardian、ルモンド、ドイツの全国紙など、
世界中でトップニュースになっていました。

変わって、スペインのメディアは・・・
スペインの今の与党はカタルーニャ独立阻止が最重要課題なので、
翌日の保守系の新聞(例えば、ABCとかEl Mundo等)は
「我々は絶対に分裂しない」的な見出しでした。


カタルーニャ人でも70代以上の人たちは、
市民戦争とその後の独裁政権がどれだけ恐ろしかったか・・・
まだまだ記憶が肌にしみ込んでいるので、
軽々と独立!とはいえない人も多く、
そして、実際問題これから長い道のりですが、
もう後戻りできないところに来ているな・・・と、
こちらにいるとヒシヒシと感じられます。



先日、ムンタダスの展覧会のオープニングで、
70代のバルセロナを代表する空間デザイナー(美術館の展示デザインの大御所)
のエンリックさんと話したときに、
彼はしみじみと

「80年代の民主化移行期のあと、プラドやレイナソフィアをはじめスペイン全土の
主な美術館での仕事、そして、スペイン文化庁との仕事もたくさんしてきたけれど、
我々にはもう独立しか道は残されていないと思う・・・」

とNaspleに語っていました。


でも、それにいたるまでの色々なプロセスを想像すると、
心から恐ろしいそうです。

スペイン全体の人たちが悪いわけではないけれど、
今のPPという与党政権のなかには、
驚くべきことに、まだまだフランコに傾倒する人も残っていて、
まったくフランコ時代を反省していない人が大半なこと・・・なども、
ドイツとは200%異なるようです。

(もちろん、ヒットラーとフランコが違うとしても、
今でも独裁政権時代に弾圧された10万人もの人たちが行方不明で、
遺族は遺骨を探したり、その件を追求することもできない)


一見、のんびりして平和そうなバルセロナも、
徐々に激動の時代に入りつつあるのかもしれません。



a0059032_17295167.jpg



最近では、上のバルコニーのように、
カタルーニャの旗(4本の縞模様)の上に、星のついた
独立推進旗を重ねているお宅が増えてます。


a0059032_17295661.jpg




Diadaの日は、色んなお菓子屋さんが、カタルーニャ旗をモチーフにした
クッキーやケーキをつくって販売していました。
トラックバックURL : https://barcino.exblog.jp/tb/18756650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2013-10-09 17:02 | カタルーニヤ | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa