VIC続き


古い通りの下にも駐車場が完成

a0059032_18534083.jpg

この写真は、ちょうどPascua(復活祭の日曜日)の様子なのでガラ〜ンとしてますが、
ふだんはとて賑やかな通りです。
ここ2年ぐらいずっと、この旧道の場所に川でもつくるのか?というぐらい、深く掘りおこす工事が進行していました。で、近隣の人々も工事の音が昼食時間も延々と続き、毎日かなりの忍耐が必要だったはずですが、や〜っと完成。近所にレストランがあるジョルディ・パラモンさんというシェフも、2年ぶりの静かな生活を満喫していることでしょう.....。



長くて広い駐車場ができおかげで、近隣から来る人たちはVICの旧市街に入る前に車を停め、迷路のような古いエリアをゆっくり散策できるようになりました。この写真の道は、以前は、車道だった2車線分ぐらいが遊歩道へと変換されたので、とても散歩や買い物が楽に。前は、急いで通り抜けようとする車、お店の近くに駐車しようとする車と、買い物客で、週末はなんだかワサワサしていました。
遊歩道と駐車場が整備されると、分別ゴミなどのコンテイナーなども新設されました。
コンテイナーのサイズは色々あります。
ここ最近のVICは、人口わずか3万人の街なのに、色んな点でがんばっていると思います。
新しいガードレールや手すり、街灯のセンスもなかなかです。

a0059032_18541064.jpg



この道の両側にはバルセロナと同じチェーン店の他、すごく昔からの(たぶん100年ぐらい前と同じ外観の)お店もポツポツ残ってます。下の写真のお店は、オシャレな雑貨屋さんというより、鍋やキッチン、掃除用品等の日用雑貨と小物のお店。ちょっと懐かしくて入ってみたくなります。
ものすごく巨大なものや高層ビルなどが建つより、少しづつ街がきれいになっていったり、インフラが向上した方が、21世紀の人々により希望を与えるような気がします。


a0059032_18543592.jpg




駐車場が増えただけで、近所のお金持ちのアウトドア派がレンジローバーや、ランドクルザーで旧市街の細い路地ギリギリに入って来る(ほとんど道幅広げそうな勢いだった)ことも少なくなり、ますます散歩が楽しい街へと変身しました。
[PR]
トラックバックURL : https://barcino.exblog.jp/tb/3515229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2006-04-22 19:20 | カタルーニヤ | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa