Detergent=Detergente


長年のおつきあい。
a0059032_2101248.jpg


スペイン製で一番好きな液体石鹸は、60年代のデザインです。
デリケートなものの手洗い用。




a0059032_2301044.jpg


15年ぐらい前、バルセロナで生活し始めたころ、スーパーで見かけた紺色の箱に子羊マークのパッケージに一目惚れ。その時(箱に入った粉石けんだった)から気に入って使っています。日本でいうと鳩サブレーのようなシンプルさ。安西水丸さんがずっと昔に「一番好きなパッケージデザインは鳩サブレー」と随筆に書かれていたけれど、鳩サブレーも潔くていいですね。
このNoritは、麻やウールなどのちょっと洗濯機に入れにくいものに使ってます。
仕上がり良好。

6/25(日)は、ほとんどうちの離れのような状態になった、隣のアルゼンチンバーでエクアドル人のスッタフと一緒に、イングランドvsエクアドルを見ました。最初はガラガラの店内も、隣の英国パブに入りきれなかった人が流れてきていっぱいに。オーエンのシャツを着た東洋人観光客のカップル(大学生ぐらい)もいました。エクアドルのほうがボールの扱いがうまいように思いましたが、典型的なフリーキックでベッカムが決めるという方法でイングランドが勝ちました。
その瞬間の前後に、女王ビクトリア(もちろんベッカムの奥さん)などがTVに映ってヤなかんじ(笑)
まあ、勝負強いというのも才能のうちでしょうか。エクアドル人たちは控えめでシャイな人たちが多く、とっても小さい声で応援していてかわいそうでした。イングランドのサポーターは昨日もドイツで大暴れみたいで、このまま勝ち進んでもいいけれど、楽しく観戦してもらいたいものです。大半の人たちがビールしか飲んでないからなあ。


昨日は、DVDであのハリウッド芸者もの、Sayuriを見ました。Naspleは、チャン・ツイイーがわりと好きなので、見ようかなと言ってましたが、テーマソングのヨーヨーマの音楽(ラストエンペラー?というメロディー)を一瞬聞いただけで、もういいか...といってました(笑)
(ロンドンでチェロの公演を聞きに行ったこともあるので、ヨーヨーマが悪いという意味じゃなく日本的な音楽ではなかったという意味です。)私はきっと脱力するだろうなあと期待しないでみたので、意外と面白かったです。たしかに京都が舞台なのに全員英語をしゃべったり、都踊りが前衛舞踊、東洋風みたいだったり、日本人にとっては違和感たっぷり。女優さんも大事な役はみな中国人の有名女優さん(コン・リーとか)で残念という声が多かったですね。でも、工藤夕貴と桃井かおりも、非情にたくましい役で、なかなかがんばってました。
最近は、日本のいい時代もの映画(藤沢周平ものの、たそがれ清兵衛等)もたくさん入ってるおかげで、Sayuriは日本風のフェイクだとわかる人も増えてるようです。
[PR]
トラックバックURL : https://barcino.exblog.jp/tb/3810566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2006-06-26 02:44 | 生活 | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa