Eiji Okuda / a long walk


奥田瑛二監督の3作目「長い散歩」
モントリオール映画祭グランプリに決定!
「おめでとうございます」



関連記事
http://www.asahi.com/culture/update/0905/030.html
ご本人のブログ
http://eijidokudan.blogzine.jp/dokudan/2006/09/post_049e.html





奥田さんには、ロンドンと東京で何度かお目にかかったことがあります。
奥さまの和津さんが、私の子供のころからの友人で料理研究家の藤野嘉子さんの
学習院での先輩なので、お嬢さん同士もお友達だったこともあり、
彼女の紹介で和津さんご一家と知り合うことになりました。
もう10年ぐらい前の話です。
ちょうど私たちがロンドンに暮らしていたころに、
お嬢さんの桃ちゃんが向こうの高校に留学し始めたばかりで、
ロンドンで食事したり大英博物館だけじゃなく、オックスフォード郊外の
不気味な発電所(Power station)を見学しにいったり、
フランスの映画を見にいったり....。
その桃ちゃんもロンドン大学を卒業し、NYで映画の勉強もして、
今はお父さんの作品の助監督をしたり通訳をしたりと大活躍。頼もしい限りです。

藤野嘉子さん(ご主人はシェフの藤野賢治さん)の長男の恒一郎くんも、
高校を出てすぐバルセロナに来て、4年ほどスペイン語の他、
スポーツビジネスの大学に留学していましたが、本日帰国。

みなさん、これからどんどん国際的に活躍してほしいですね。

今日は、紀子様ご出産でまたすごい騒ぎでしょうか。
こちらでは、半ばバカにしたような記事が多くて、なんだかなというかんじです。
やっぱり日本はモロッコと同じようにマチスタ(男性優位主義)で、
メンタリテイーは第三世界っぽい...という見方がますます強まっています。
残念ながら、モダンな印象から遠のくばかり。
「日本発」の(偏見のない)ちゃんとした情報や記事を発信するとのが大事だなあ
と改めて思います。
否定的な情報ばかりで、どんな国なの?という人たちがまだ大半。

そういう意味でも、日本の映画が国際的に評価されるのは素晴らしいです。


なかなかこちらにいると新しい邦画は見れないけれど、ぜひ「長い散歩」
拝見したいです。
欧州でも公開されるといいのに。

トラックバックURL : https://barcino.exblog.jp/tb/4238659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2006-09-06 03:48 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa