Prado


めずらしく雨
a0059032_12594974.jpg

ひと月ぐらい雨が降っていなくて水不足が深刻だったマドリード周辺ですが、私たちが滞在中は毎日のように雨でした。そのせいか観光客がプラド美術館に集中し、館内のカフェテリアも長蛇の列。



プラドの周辺は、ピカソのゲルニカが有名なレイナ・ソフィア王立芸術センター(最近、ヌーベルの設計で拡張されたばかり)や、ティッセンというドイツの富豪のコレクションを集めた美術館(ここは一昔前のグッゲンハイムよりすごいです)等、大きな美術館が集中しています。
さらにバルセロナが本拠地のラカイシャ財団のForumという現代美術ギャラリーがプラドの前にもうすぐ竣工します。設計はヘルツォーグ&ド・ムーロン。美術館激戦区ですね。で、国立とはいえプラドも少し変身しなくては...ということで、アルバロ・シザがランドスケープを担当することになりましたが、並木道の木をいくつか削ることに対してティッセン財団のマダム・ティッセン(バルセロナ出身)が反対運動を起こしています。
緑が少なくなる(環境が悪くなる)なら、マドリードから撤退する!とか。シザは世界有数のまっとうな建築家なので、絶対心配はいらないはずなのですが、どうなることやら。今後の動向が注目されるエリアです。といいつつ、私たちは久しぶりに大好きなベラスケスの「ラス・メニーナス」を見て、外に出てとなりのリッツホテルでゆっくりお茶を飲みました。映画の新作発表記者会見をやっていて、中をみたらボブ・マーリーやアンディ・ガルシアがいました。
でも疲れていて、ミーハー根性よりお茶....。リッツのバーとトイレは素晴らしかったです。
その分コーヒーが7ユーロとブルジョワ価格なのはいたしかたなし...かも。たまにはね。

ベラスケスのラス・メニーナスはいつ見てもすごいです。大好きなエリセ監督が、次回はこの絵をテーマにしたセミドキュメンタリーをつくりたいと仰っていた記憶がありますが、どうなるのでしょうか。
彼が「大学の映画学科より、プラドに通って学んだことのほうが多かった」と仰っていたことを思い出しながら、館内を歩きました。
[PR]
トラックバックURL : https://barcino.exblog.jp/tb/4555993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2006-10-23 13:18 | | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa