La Caixa Forum@Madrid


ヘルツォーグ& ド・ムーロンによる現代美術館が進行中
a0059032_19563736.jpg


プラド美術館の斜め向かいぐらいに竣工予定のラカイシャ財団の「フォーラム」
廃墟になっていた古い工場を大胆にリノベーションする、というヘルツォーグ...が得意そうなプロジェクトです。美術館が集中するエリアにまた1つ、新しい目玉ができそうな予感。ラ・カイシャは、セービングバンクとして欧州1の預金高を誇っている銀行の財団です。その利益を社会に還元する手法のパワフルさで、世界でも抜きん出た存在といえます。バルセロナが本拠地で、スペイン全土で多様に展開中。マドリードのチャンベリ・エリアにある高齢者向けセンターは、ハイテクと高齢者を結びつけるための施設で、メディアテークやインターネットやデジタル全般の講習会が毎日開催されていました。これからの世の中、ハイテクに触れないということは、それだけで社会から隔離されてしまうから...とのことです。私も参加したいデジカメ写真加工講座や映画会(ウッディ・アレンやイサベル・クシェットの新作まで)もありました。高齢者といっても常に知的な刺激を受けたい人も多いはずなので、そういうニーズを満たす場所が増加しているのは大変心強いかも。
ラ・カイシャ財団の現代美術の企画展や、常設展も全て無料。キューレーターが優秀なので内容も先端です。
[PR]
トラックバックURL : https://barcino.exblog.jp/tb/4738997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2006-11-24 20:11 | | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa