Tetsuya Chikushi


「多事争論」

a0059032_08793.jpg


11月7日。
ニュースキャスターの筑紫哲也さんが亡くなりました。

日本にいるときからニュース23を見て、
こちらでも、ネットで多事争論を動画、または文字で読むのを
(Naspleも私も)楽しみにしていたので、とても残念です。


日本のジャーナリストの中でも、
長いものに巻かれず、権力を恐れず、
堂々とお茶の間に疑問を投げかけることができる
貴重な存在として尊敬していました。

長い間、お疲れさまでした。




筑紫さんが繰り返しアピールしていた、
「少数派が切り捨てられたとき、戦争がおこる」
という言葉をよく覚えておきたいと思います。


a0059032_016855.jpg




今年も、すでに、
赤塚不二夫さん、緒形拳さん、筑紫さんと、
多くの方が亡くなりました。


新しい生命が誕生するのと同じぐらい、
人間が亡くなるのはあたりまえだとしても、
やっぱり寂しいです。


ご冥福をお祈りします。
[PR]
トラックバックURL : https://barcino.exblog.jp/tb/7643218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bibibi at 2008-11-14 04:06 x
協子ちゃん、築紫哲也好きだったの?
けっこうビックリ。
Commented by nas-asa at 2008-11-14 06:03
★ビビビさま
好きとか信奉していた、というのとはちがうし、
いろいろ物議も醸し出してたことはたしかだけど、
日本の他のニュース番組のキャスターと
比べると、意見を活字にして読んでもちゃんとしている人なんじゃないかと思う。あとは、鳥越さんとか?
闘病しつつ最後までちゃんと仕事していたというだけで、
尊敬しちゃうよ。わたしなんて基本的に怠け者だから。

Commented by bibibi at 2008-11-14 08:31 x
築紫氏は阪神淡路沖大震災での取材のやり方とか、ヘリの下で人が死んで行くのを見ながら「まるで温泉の様です」なんてコメントはないでしょう。ま、個人的な意見だけどね。
Commented by nas-asa at 2008-11-14 19:17
★ビビビさま
それは問題あるよね。でも、本人に本意を確かめようにも
もう亡くなってるし(反省はしてるでしょう)。
私の筑紫さんに対する印象は、下記の橋場さん(デザイン
ジャーナリスト)の記事と近いです。
参考までに。
http://hashiba-in-stuttgart.blog.so-net.ne.jp/2008-11-08#more
by nas-asa | 2008-11-09 00:26 | 生活 | Trackback | Comments(4)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa