avestruz


09年最初に出会ったもの。

a0059032_0543495.jpg




元旦のお昼。
義理の両親の希望で、バルセロナの郊外に食事にいきました。
Masiaと呼ばれる古い農家を改造したレストラン(あちこちにあります)
の敷地には、雪山を背景にきれいな緑の牧場が広がっていました。

空気もいいし、のんびりしたお正月だなあ、
とリラックス気分で囲いのほうに近づくと・・・



まず、ずんぐりした子馬が数頭。「どさんこ」みたいな種でしょうか?

a0059032_135235.jpg



それで、奥のほうをのぞくと、
え、なにかデカイ動物が激しく動いている。


もしかして・・・



a0059032_17112.jpg




ダ・チョ・ウ?? 




スペイン語では、Avestruzといいます。

でも、普通はアフリカかアラビアに生息してるので、
このダチョウたちは遠くから運ばれてきたのでしょうか?
それとも、カタルーニャ生まれ?

体長は180cmぐらいあって、大きな目で上から見下ろされてしまいました。


変わった動物と接するのは、アニマルセラピー以上の刺激あり。

それに、動物に対峙する人間のほうを観察するのも面白いです。

このときも、ピ〜ヨピ〜ヨみたいに、ひよこか鶏を相手にするような
甲高い声を出している男性や、アングリと口をあけて見つめる女性など
いろんな人がいました。



私もダチョウをこんな間近で見たのは初めてなような。
大きな瞳が涙目っぽく、さびしそうに見えました。
ホームシック?と少し同情。

もしかすると、私たちが何にも食べ物を与えないから、
ただ怒ってたのかもしれません。


欧州のお城や、こちらのレストランで、
オウムや孔雀を飼っているのは何度かみた覚えがありますが、
ダチョウは珍しい。
卵でも販売してるのかな???



なんだか、今年はユニークな1年になりそうです。
[PR]
トラックバックURL : https://barcino.exblog.jp/tb/7794175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nas-asa | 2009-01-06 01:24 | カタルーニヤ | Trackback | Comments(0)

浅倉協子 & Jaume NASPLE:バルセロナと東京で編集、翻訳、取材、執筆中。好きなもの:建築・デザイン、映画、音楽、夜でも青いバルセロナの空、日本の喫茶店、居酒屋。今食べたいもの:バスクのピンチョス。


by nas-asa